記事一覧

堆肥作りの準備

堆肥づくりの準備! 手前は 稲刈りが終わったあと、刻み藁(わら)を集めました。奥は束ねた藁(わら)です。来年スイカとかぼちゃの敷き藁に使用します。 藁、豚プン、油粕、米ぬか、苦土石灰、もみ殻薫炭、土、水で配合して堆肥を作ったところです。 撮影:2015.11.9...

続きを読む

野菜の育ち具合

野菜の育ち具合 左画面1列目:キャベツ左画面2列目:白菜左画面3列目:かぶら左画面4列目:キャベツ(遅撒き)左画面5列目:手前からほうれんそう、ニンニク、大根の順左画面6列目:いちご左画面7列目:グリーンピース左画面8・9列目:ソラマメです撮影日:2015.11.03...

続きを読む

来春まで休耕中の畑

スイカを作っていた後を来春まで休耕する ・来春まで休耕し、かぼちゃを植える予定です。・管理機で耕した後、発酵鶏糞を4袋と米ぬかを散布した状態です。(草が生えにくい)撮影日:15.11.22...

続きを読む

玉ねぎを定植する

玉ねぎを定植する 定植:玉ねぎ品種:もみじ、赤玉ねぎ本数:もみじ500本、赤玉ねぎ150本植付け:縦横10cm間隔の5列植え、もみ殻を散布する。右側の2列(黒マルチ)は来年2月にじゃがいもを植える予定です。堆肥、油粕、苦土石灰、化成肥料(きんこんかん)散布済み。撮影日:15.11.22定植1ヶ月後に追肥追肥:しあわせ化成散布:1㎡に一握り散布:もみ殻散布:米ぬか撮影日:15.12.22...

続きを読む

ほうれん草

右手前がほうれん草です 品種:ソロモンここがポイント!・アルカリ性の土を好むと本には書いていますが、石灰を散布するだけでは艶のあるほうれん草はできません。・ほうれん草が小さい頃に真ん中に溝を掘り「硫安」を散布して土を被せる。葉にかかると枯れるので要注意です。・青々とした見事なほうれん草が出来ますのでおすすめです。撮影日:15.11.30...

続きを読む

検索フォーム

もしもショップ商品検索

もしもショップ

facebook

プロフィール

takejii1718

Author:takejii1718
定年後に始めた私の家庭菜園です。
約300㎡を4等分して季節の野菜を作っています。
野菜は嘘をつかない、手を掛ければ掛けるほど応えてくれるのを励みに頑張っております。

div#fc2_bottom_bnr{position:static!important;}