記事一覧

ジャガイモの育て方

ジャガイモの育て方
ジャガイモの育て方
【多彩な品種で楽しみが増えました】
南米アンデス山脈のチチカカ湖周辺が原産地のジャガイモは、日本には16世紀にジャガトラ(現インドネシアのジャカルタ)から伝わり、ジャガイモと呼ばれるようになりましたが、馬に付ける鈴に似たところから馬鈴薯(バレイショ)の名もあります。
種芋を植え付けてから、3か月余りでむつかしい管理もせずにその十数倍以上もの芋が収穫できます。
栽培に当たってまず大切なことは、健全な種芋の確保です。
種用として売られている無病芋、休眠から覚めて適度に芽が伸び始めている芋を早めに確保します。
かつては大敵のウイルス病のまん延を防ぐために国の管理下で種芋の生産がおこなわれており、品種は「男爵」「メークイン」などに限られていましたが、無病芋の生産が安全に効率よく行われるようになったため、多くの品種がお目見えし、実ににぎやかになってきました。
「6種食べ比べお楽しみセット」(タキイ種苗)、「インカ3兄弟」「ジャガイモグルメ8種セット」(サカタのタネ)、など品種の組み合わせ品も見られます。

栽培のポイント
1・種芋の切り分け方
・切り方は図の通りです。切り面の草木灰まぶしの効果はあまりない。日光に当て殺菌した方がよい。
2・植え方
・切断面を下向きに植える。
3・芽の整理
・草丈15cm内外の時2本を残し他は取り除く。
4・追肥と土寄せ
・草丈18~20cmに伸びた頃、畝の片側に追肥(1株当たり化成肥料と油粕各小さじ1杯程度)し、その後10~15cmほど土寄せします。芽が地上に出ないよう土寄せをすること。
5・収穫
・茎葉は、自然に枯れるころが適期です。晴天の土が乾いている日を選び、芋が乾いてから屋内へ取り込みましょう。余り積み上げると腐敗し易くなります。
6・その他
・生育中に葉が黒変する疫病が発生し始めたら、早めに適応薬剤を散布しましょう。

検索フォーム

もしもショップ商品検索

もしもショップ

facebook

プロフィール

takejii1718

Author:takejii1718
定年後に始めた私の家庭菜園です。
約300㎡を4等分して季節の野菜を作っています。
野菜は嘘をつかない、手を掛ければ掛けるほど応えてくれるのを励みに頑張っております。

div#fc2_bottom_bnr{position:static!important;}