記事一覧

野菜の病名と症状

野菜の病名と症状
野菜の病気と症状
野菜の病名 病気に掛かった野菜の症状(状態)
青枯れ病 先端からしおれ、やがて枯れる。ナス科の連作障害として現れ土壌感染する。
萎黄病 葉が黄変し、やがて枯れる。キャベツや大根に多く、土壌感染する。
うどんこ病 白い粉が広がる。水はけや通風が悪いと起こりやすい。ウリ科、マメ科、いちごなどに多い。
疫病 茎葉や実に不規則な水っぽい病班ができて急速に広がり、やがて腐る。土壌感染し、長雨などの低温多湿で発生。ジャガイモやナス科に多い。
菌核病 茎葉が褐色から黒色になり菌系が核になる。土壌感染する。ウリ科、葉茎菜、マメ科、トマトなど。
さび病 茎葉に白い斑点ができ、さび色の粉が出る。ネギ類で肥料切れになると多く発生する。
尻腐れ病 トマトなどで幼果の先端が黒くへこみ腐る。カルシュウム欠乏による整理障害といわれ、水切れで起こりやすい。皮がかたくなるのは条腐れ病で、日当たりが悪かったり多肥で起こりやすい。
立ち枯れ病 地ぎわの茎が侵されて枯れる。多くの野菜で幼苗期に多発する。
炭そ病 茎葉や実に丸い黄班ができ、多雨になると粘質物が出てくる。発生すると急速に進行して枯れる。水はけ、通風が悪かったり連作すると多発し、ウリ科、マメ科に多い。
つる枯れ病 つるのつけ根から赤褐色の液が出てしおれ、やがて枯れる。多湿になるとウリ科に多発する。
軟腐病 結球し始めのころから、地ぎわの葉がとけるようになり、急速に全体が腐って悪臭を放つ、高温時に水はけ、通風が悪いと発生しやすく、白菜やキャベツ、レタスのほか大根などに土壌感染する。
灰色かび病 茎葉や花柄、実に灰色のカビが生え、茎に至るとその上部がしおれる。高温多湿でトマト、イチゴ、レタスなどに発生しやすい。
白斑病 葉に不規則な白斑が出る。白菜に多発する。
半身萎凋病 成長途中で急にしおれて枯れる。連作による土壌感染でトマトやナスに多発する。
べと病 葉の多角形の班(ウリ科は黄褐色、アブラナ科は灰白色)がやがて褐色となり、葉裏にすす状のカビが生える。20度前後で多湿になると、ウリ科やアブラナ科、玉葱で発生する。
モザイク病 モザイク状の班が出て全体に黄変し、やがて枯れる。ウイルスによる病気でほとんどの野菜で発生する。
アオムシ 蝶やガなどの幼虫で、葉脈を残して葉を食害する。アブラナ科に多発。
アブラムシ ほとんどの野菜に発生し、茎葉根の樹液を吸うだけでなく、ウイルスによる病気を媒介する。
アワノメイガ スイトコーンや茎や雄穂、雌穂に入って食害、穴から糞を出しているので発見できる。
ウリバエ ウリハムシ。幼虫がウリ科の葉や実を食害する。
コナガ 1㎝ほどの緑色の幼虫が葉裏にひそみ、葉肉を食害して穴を開ける。アブラナ科で多発。
シンクイムシ ハイマダラメイガの幼虫で、幼苗の成長点を食害して枯らす。アブラナ科に多発。
スリップス アザミウマ、ネギアザミウマ。2mmほどの虫が食害して葉や花をかすり状にする。高温乾燥でウリ科、マメ科、ネギ類に発生しやすい。
センチュウ ネマトーダ。土中にひそみ根を痛めるので、そこから病原菌が入り被害が拡大する。ネコブセンチュウは根にこぶを作って枯らしてしまうほど被害も大きい。
タネバエ くさび形で黄白色の幼虫が種や地ぎわを食害して枯らす。水はけが悪かったり未熟な堆肥を使うとウリ科、豆科、アブラナ科などに多発。
ネキリムシ カブラヤガ。幼虫が葉裏を食害し、やがてイモムシになり、夜間に地ぎわを食い切って苗を枯らす。ナス科、ウリ科、アブラナ科をはじめ多くの野菜に発生。
ハダニ、アカダニ 葉裏につき、葉に斑点が出来て白っぽくなる。乾燥するとウリ科、豆科、ナス、イチゴなどに多発。
ヨウトウムシ、ハスモンヨトウ ほとんどの野菜につく。下葉の裏に卵がつき、ふ化して葉を食害、やがて灰褐色のイモムシになり、夜間に大食して枯らす。イモムシになると薬剤も効かない。
ナメクジ駆除 ランネート100g、米ぬか3.6ℓ、油粕3.6ℓをよく混ぜて小さじ一杯を20㎝間隔でまく。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

facebook

プロフィール

takejii1718

Author:takejii1718
定年後に始めた私の家庭菜園です。
約300㎡を4等分して季節の野菜を作っています。
野菜は嘘をつかない、手を掛ければ掛けるほど応えてくれるのを励みに頑張っております。

div#fc2_bottom_bnr{position:static!important;}